便利なキャッシングの怖さ

 

身近になったキャッシングの様々な利用の仕方

最近では身近になったキャッシング。利用方法も簡単で、様々な理由で様々な人達が気軽に借りるようになりました。利用する期間や金額も様々です。

うっかり財布を忘れて、買い物のために少額のキャッシングをする人。旅行やセミナー受講、車検など、ちょっとまとまった金額が一時的に必要なために借りる人。そういった短期的な利用もあれば、病気やケガでの手術費用のために、かなりの金額を借りて、長期に渡った返済プランを立てるケースもあります。

また毎月、給料日前にはお金が足りなくなってキャッシングに頼り、給料が入ると返済。そしてまた給料日前に借りるといった自転車操業のような状況に陥っているケースもあります。

どのような利用の仕方でも、滞ることなく返済できていれば問題無いのですが、やはり借金には違いないですし、簡単に利用できるようになった分、その危険性は高まっているとも言えます。

 

考える女性

キャッシングのメリットとデメリット

【メリット】

・初めての利用でも審査が早い。

・カードがあれば、簡単に借りることができる。

・月々の返済も少額から可能。

【デメリット】

・簡単で手軽すぎて、借金の実感がない。

・借り入れ限度額いっぱいになるまで、自分のお金と錯覚してしまう。

 

借金しているという自覚は得られない。

上記のような、メリットやデメリットがあります。月々の返済が少額で良いのはありがたいのですが、逆に借入金額が増えても返済額が変わらないため、毎月の収入の範囲で返済は問題なくできてしまいます。それは自分がいくら借りているのか実感を得にくいことにつながるのが怖い部分です。キャッシングの手軽さを知って、気軽に利用するようになることは、とても危険なことです。

自分が毎月返済している金額のほとんどが利息部分であり、頑張って払っても、借りた金額をほとんど返せていないという事実は、きちんを知っていなければなりません。

空の財布をもつ女性

限度額まで気づかないキャッシングの手軽さの怖さ

カードでATMから出てくるお金を、自分のお金のように錯覚し続けてしまうと、気付いたら限度額がいっぱいになっていた、ということになります。そこで自覚して止まることができればまだよいですが、生活レベルを下げることができずに、さらに別の会社で新たなカードを作り、同じような使い方を続けてしまう人もいます。そして気づくのは、その新たなカードが限度額に達するとき。そしてまた新しいカード…。となります。借り入れ金額の理由で、新しいカードが作れなくなる頃には、借り入れ総額は相当な金額になっているものです。

返済が滞った場合の延滞損害金とは?

限度額いっぱいになって新しいカードも作れない。でも月々にかかる支出を減らすのも難しい。逆に会社の業績悪化で収入が減ってしまった!なんて場合もありえます。そんな状況では当然貯金もないと思いますので、返済が滞ってしまう可能性もあります。

それでなくてもキャッシングの利率は高いものですが、支払いが遅れれば、その遅れに対して延滞損害金が加わります。延滞利息とも呼びます。

以下の写真はUFJニコスのクレジットカードのキャッシング枠と、三井住友銀行のカードローンの延滞損害金です。どちらも20%前後と、かなり高めですね。しかもこの延滞金は遅れた日数に対して課金されるため、遅れれば遅れるほどどんどん金額が膨らみます。

ufjの延滞利息

三井住友の延滞利息

「指定口座にお金を移動するのを忘れた」というような、支払うお金自体は準備できていて、何らかの理由で遅れてしまっただけであれば、それほど大きな負担増にはなりません。ですが支払い日になってもお金が用意できていない、、となると事態は深刻です。数日後にまとまった金額のアテがあるならよいですが、そんなケースはほとんどありませんよね。

例え自転車操業でも一定期間の遅れの繰り返しで何とか回していけるならまだマシです。ですが、「いよいよ支払うメドが立たなくなった、、」そんなときには債務整理くらいしか頼る道はありません。

羽の生えたお札債務整理について。

債務整理には任意整理・民事再生・自己破産の3つの方法があります。一番有名なのは自己破産ですね。ですが、自己破産や民事再生は、裁判所に認めてもらう必要があり手続きも面倒です。キャッシングが泥沼化してしまった場合に有効なのは任意整理という手続きです。

《任意整理とは》

利息制限法では、上限金利は15~20%と決められています。この上限を超えた分は本来無効なのですが、この法律が施行される以前の出資法の上限金利は29.2%と大きな差があります。利息制限法の施行以降は15~20%を超える部分は無効ではあるのですが、引き続き以前の金利のまま請求を続けても罰則対象ではなかったため、知らずに多く支払っている人も多いのです。

これを取引開始時期に遡って再計算することで、それはで多く支払っていた部分が元本に充当されます。結果請求額が減額されるというもの。既に完済していても有効で、その場合は支払い過ぎた金額が返還されます。近年テレビCMでよく耳にする「過払い金請求」というものですね。

 

キャッシング地獄にハマらないために。

キャッシングは利用方法を間違えなければ、とても便利なサービスで、多くの人が助けられています。ですが、魔法のカードのように錯覚して泥沼にハマる人が多いのも、また事実です。任意整理で減額が可能とはいえ、その後のクレジットカードの利用が制限されるなど、デメリットもあります。

自分も含め、身近な人がキャッシング地獄に陥らないようにするには、やはり実際にキャッシングを利用した色々な人の話を知っておくことが大切です。失敗談も含めて体験談を多くの方から集めましたので、ブレーキになれば嬉しいです。